ふくべ書房 おすすめ
●漂流 
………………………………………………………………………………………………………  
……………………………………………………………………………………………………… 
 
 

亜美利加新話 巻一(写)

天保15年写

 
 ………………………………………………………………………………………………………
 

表紙ニ徳兵衛と云る者天竺江渡り摩伽陀国并暹羅国往還相致之事

/山田仁左衛門聟ニ成事/京都隅倉天竺江船渡事

延享3年写                  

 
 ………………………………………………………………………………………………………
 

風説書 (写)

安政四年別段風説書 

 ………………………………………………………………………………………………………
 
 

米利堅魯西亜入港事記 附図1枚                   

戌年阿蘭人密告書(他)、亥年別段風説、子年蘭人告密抜書、中尾定次郎ヨリ中沢仁兵衛エ来書中抜書、海老原殿ヨリ来状之写(図)、嘉永六年葵丑六月米利堅船我浦賀港渡来之節同所与力応接并見聞ノ趣聞書記者不知、北亜墨利加合衆国の伯理○天徳「ミルランド・ヒルモオレ」書ヲ日本国皇帝殿下ニ呈ス(他)、鶴崎彦一郎戌甲3通、江戸辻留組

……………………………………………………………………………………………………… 
 

今般異国船渡来之事 嘉永6年6月3日北アメリカ船の記事

石黒敬七より黒船館旧蔵/6丁

 
 
 

魯西亜国ヨリ連渡候漂流日本人口書様子書(写)

嘉永七年今井光亨写ス        

 
 
漂流人帰国話○ 筆写本
51丁/虫損


 
………………………………………………………………………………………………………………………
   


漂流記附録 筆写本
三木武敏(大美名都)写し
漂流記(文政9年南部閉甲郡長吉等12名の大槌よりシャム漂着唐船2艘にて送られる途中遭難遠州下吉田に漂着の次第)/得泰船貨冊・漂流記附録
大本・34丁/虫損有
文政12年写


………………………………………………………………………………………………………………………
   


八丈島之沖小笠原島之儀ニ付先規趣由緒書写し
覚・大坂御番所御訴書之写/小笠原島ニ有之品々有覚/小笠原島之内凡島々ニ有之見存申出付覚
7丁
享保18年写

 
 

安南国漂流記 筆写本
外題・安南国漂流誌
道長藤八庵跋/水戸領磯原村姫宮丸明和五年遭難
19丁/大虫
安永7年写

 
………………………………………………………………………………………………………………………
   
 

寛政六年寅年陸奥国之者拾六人安南国江、漂流一件
64丁/虫損有 石原道博蔵印有
 


………………………………………………………………………………………………………………………
    
 
 
 

田曽浦(伊勢)漂流異船之記
中川重正
安政二年正月一日清国船漂流清国之難民等ト筆後之覚
9丁・図入/虫損
安政2年写


無人島談話2冊上・附録
        上 放洋始終ほか
 附録 土州船漂落紀聞ほか
                                             
………………………………………………………………………………………………………………………
   
 
  
  
 

天保十五年甲辰長崎渡来和蘭使節軍船
ハーハーエムローブス以下の将官、
乗組印人数,姓名、歳など/船図